中国の義烏駐在を経て義烏仕入れのサポートやネットショップ運営などをお手伝いしております。 個人事業主必見!
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京の在中国インド大使館は3日、インド人に対して、浙江省義烏市での商取引を控えるよう勧告を出した。先月中旬、現地で、インド人2人が商トラブルで拉致・監禁される事件が発生したことがきっかけ。大使館は昨年9月も中国での商トラブル増加について注意喚起しており、特定の都市で商取引を事実上やめるよう求める勧告を出すのは珍しい。

 日用品の大規模卸売市場がある義烏市は世界の商人が買い付けに集まることで知られ、インド人の取引も多い。PTI通信によるとインド人の同市場での年間取引額は150億ドル(1兆1500億円)にも上る。

 中国人による拉致・監禁事件では先月31日、インド人の処遇をめぐり、当局と協議していたインドの上海領事が長時間飲食できず、持病の糖尿病を悪化させ、緊急入院してしまった。

 入院によって事件は表面化し、インド政府も駐インド中国公使を呼びつけて抗議。インドメディアは一斉に中国批判を繰り返し、一時は外交問題に発展する可能性も指摘された。

 しかし、4日夕に事態は急展開を見せ、中国は事件に関わった疑いのある中国人への刑事裁判手続き開始を発表、インド外務省も2人が義烏市を出たことを明らかにした。

 インドのある中国専門家は、「インド政府は中国と事を荒立てないようにする傾向があるが、メディアが騒いだため政府も勧告発出など強い対応を迫られたようだ」と分析した。

ソース 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120105/asi12010500120000-n1.htm





世界一かしこいインド人商人でも、義烏では素人扱いですか。
私も商売をはじめた頃はよく騙されましたね。
今では私の顔見たら店閉める問屋とかいますが・・・
いやホント気をつけましょー

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kandaboueki.blog98.fc2.com/tb.php/59-78d97e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。